雪深い新潟県魚沼の山奥で、いくつかの菌が採取されて丁寧に育くまれました。

雪深い新潟県魚沼の山奥で、いくつかの菌が採取されて丁寧に育くまれました。そのひとつが実を結び、松露と呼ばれる丸いキノコになりました。
その茸は、パスタやピザ等に添えられて、様々なところで試食会が行われました。控えめな香りとあっさりした味は、どんな料理にも引き立て役になりました。その茸を食べた人々から、思いがけない反響があったのです。

講演活動

講演活動
平成30年度越後白雪茸研究会を開催今回の研究会は、新たな特許出願予定の研究報告があったため非公開で行われました。 記 日時:   2018年10月11日 PM16:00~20:00 場所:   柳都庵新潟駅前店 〇会長挨拶 会長 小西徹也 〇研究予定報告 [...]